女の人

ペン字でハッキリ伝わる印象|スラスラ綺麗に書ける

学士取得で給料アップ

笑顔の女性

看護師の資格は、専門学校と大学のいずれの養成校を選択しても取得できます。このうち専門学校は、大学よりも短期間で資格を取得することが可能です。しかし大学を選択すると、取得する看護師の資格は同じでも、学士の資格が授与されます。学士の資格を取得していると、勤務時の給料が高くなることが一般的です。その金額は勤務先によって異なりますが、一般的に1か月に1万円程度高めになっています。さらに昇級時の金額についても、学士の資格があるほうが、高額になる傾向があります。こうした給料の差があるために、生涯賃金において、学士を取得しているほうが有利です。そのため今後は、看護師の専門学校を卒業後に、通信教育を行うことが増えると予想されています。

このような予想がされているのは、通信教育であれば、勤務を継続できることも大きな要因です。専門学校で看護師の資格を取得すると、たいていはすぐに医療機関などで勤務を開始します。普通の職業であれば、勤務しながらであっても、夜間の授業を選択すれば大学に通えます。しかし看護師の場合には、勤務する時間が不規則になりがちです。例えば普段の勤務は日勤でも、夜勤をしなければならないことも、珍しくありません。すると授業を受けられないケースが増えて、単位を取得できなくなります。その点で通信教育であれば、授業を受ける時間を自由に変更できます。したがって通信教育は、専門学校を卒業した看護師に適したキャリアアップの方法です。