女の人

ペン字でハッキリ伝わる印象|スラスラ綺麗に書ける

志望理由を明確にしよう

ノートとペン

通信制の学校を目指す場合、一般的な学校と比較して、志望理由書で気をつけなければならない点はあるのでしょうか。通信制の学校だと、何か特別な工夫が必要だと考えている方もいますが、基本的には通信でも一般的な学校でも志望理由書で必要になる内容は同じです。違いは、なぜ通信の学校を選んだのか、その理由を一言書き加えることを忘れてはいけません。例えば通信制の専門学校の場合、社会に出てから学び直したいと考えて志望する方もいます。そのような場合、社会に出てから学びなおしたい理由は何なのか、その熱意を志望理由書に盛りこみましょう。また当たり障りの無い内容だけを書くのでは、熱意が伝わりにくくなります。恥ずかしがらずに、自分の思いを正直に志望理由書に書くことが大切です。

志望理由書は、書き終えたらすぐに提出すればいいというものではありません。書き終わったら、一晩おいて、改めて読み直してみる姿勢も大切です。頭をリフレッシュして読み直すことで、自分の書いた志望理由を客観的な目線で判断し、添削箇所を修正します。また可能ならば、第三者の目で確認してもらうことも大切です。自分の目で見て違和感がない文章でも、他の人が読むと文法が間違っていると判断されることもあります。家族や友達など、身近な人に読んでもらい添削をお願いしましょう。学校であれば、先生に添削してもらったり、会社勤めならば同僚など、自分をより客観的に判断してくれる方に添削してもらうことも大切です。家族のように自分をよく知る方以外に依頼することで、厳しく判断してもらうことに繋がります。なお、志望理由書と聞くと学校に対して提出するイメージを抱く人が多くなっていますが、就職の際に提出するケースもあります。就職の際の志望理由書を添削する際には、ネット通信を介した添削サービスを利用してみるのも一つの手です。志望理由書の穴を、専門のアドバイザーが的確に指摘してくれるので、文章を書く能力がアップします。